糖尿病とは

糖尿病

糖尿病は、インスリンが十分に働かず、体を動かすために必要なエネルギー源となるブドウ糖を細胞に取り込むことができず、血液中を流れるブドウ糖が増えてしまう病気です。

通常であれば、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にするなどの働きをするインスリン(膵臓で作られるホルモンの一種)が機能することで、食事や糖分を含むジュースなどを飲むことで上昇した血糖値は、再びバランスのとれた状態に戻ります。しかし、このインスリンが十分に働かなくなると、血糖値は高いままになってしまいます。

糖尿病は主に2つのタイプ(1型糖尿病と2型糖尿病)があります

1型糖尿病
小児や若い世代で発症することが多く、インスリンを作る膵臓のβ細胞が自己免疫反応の異常などによって破壊されることで、インスリンがほぼ分泌されなくなり、血糖値が上昇します。インスリンがほとんど分泌されていないため、インスリン注射が必要となります。
2型糖尿病
中高年世代に発症することが多く、インスリンが出にくくなったり、効きにくくなることで血糖値が上昇します。遺伝的要素や長きに渡る不摂生な生活習慣などが組み合わさることで発症するといわれており、治療には食事や運動習慣の見直しが重要となります。

また上記以外にも病気や薬による影響で発症する二次性糖尿病、妊娠中に発症する妊娠糖尿病があります。

発症初期の糖尿病は、ほぼ自覚症状がみられません。しかし、その間も血糖値の高い状態が続き、血管が傷ついていきます。さらに放置が続くと、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害といった糖尿病三大合併症をはじめ、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などの合併症のリスクが高くなります。これら合併症を防ぐことも、糖尿病治療の重要なポイントであり、発症初期からの血糖のコントロールがとても大切です。

糖尿病がある程度進行すると、異常にのどが渇く、頻尿・多尿、体重が減少する、疲れやすくなるといった自覚症状がみられるほか、感染症にかかりやすくなる、傷が治りにくいといった症状も現れてきます。このような症状の場合は、病状が進行している可能性もありますので、速やかにご受診ください。