高尿酸血症
(痛風)とは

高尿酸血症(痛風)

血液中の尿酸が高い状態(血清尿酸血値が7.0mg/dL以上)を高尿酸血症と言います。

尿酸とは、細胞の核の成分であるプリン体が分解して発生した老廃物です。尿酸は通常、腎臓へ運ばれて尿として排出されます。しかし、血液中の尿酸が過多になると、針状に結晶化した尿酸塩になります。そして過多になればなるほど尿酸塩は増え続け、これが関節などに留まり激しい痛みを伴う痛風発作を起こします。
また腎臓に沈着すると、痛風腎を引き起こし腎機能が低下するほか、動脈硬化の危険因子にもなりうるため、脳血管障害や心疾患など様々な合併症を発症する可能性が高くなります。

尿酸値が高くなる原因は、先天的な代謝異常、造血器疾患、遺伝的に尿酸が排出しにくい体質などのほか、尿酸の元となるプリン体を多く含む食品(レバー類、干し椎茸、魚卵類、えび、かつお、いわしなど一部の魚介類)の過剰摂取、アルコールの多量摂取、肥満、無酸素運動のしすぎなど生活習慣によるものがあります。合併症のリスクを回避するためには、薬物療法だけでなく、食事や運動習慣の見直しなど生活習慣の改善が重要なポイントとなります。