脂質異常症とは

脂質異常症

血液中の脂質うちLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪(トリグリセライド)の濃度が慢性的に高い、HDL(善玉)コレステロールが低い状態を脂質異常症と言います。

脂質異常症は、高LDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症、低HDLコレステロール血症の3つのタイプに分けられ、その中でも動脈硬化との関連が最も深いとされているのがLDLコレステロールです。脂質異常症は自覚症状がほとんどありません。そのため、健診などで指摘されて気づくことがほとんどです。放置が続くとLDLコレステロールが過剰となり、血管内で蓄積、さらには血管が狭窄して血流が悪くなるあるいは詰まるなどして、脳梗塞や狭心症・心筋梗塞など合併症のリスクが高くなります。

主な発症の原因は、遺伝的要素や日頃の生活習慣の乱れ(高カロリーや高脂肪食の食事、慢性的な運動不足 など)が背景にあるといわれています。その他、別の病気(糖尿病、甲状腺機能低下症、腎疾患 など)や薬の使用(ステロイド薬の長期使用)などを引き金として発症する二次性脂質異常症があります。

脂質異常症の治療の大きな目的は、動脈硬化を進めないようにすることです。食事や運動習慣の見直しなど生活習慣の改善を行い、動脈硬化による病気のリスクが高い場合は、薬物治療を併用し治療を進めていきます。