高血圧とは

高血圧

高血圧の診断には、診察室での血圧と家庭での血圧が主に用いられます。
診察室血圧が収縮期血圧(最高血圧)/拡張期血圧(最低血圧)のどちらか一方でも140mmHg/ 90 mmHg以上となっている場合、家庭血圧ではどちらか一方でも135mmHg/85mmHg以上となる場合に、高血圧と診断します。

日本人の3人に1人の割合で発症するとも言われる高血圧ですが、サイレントキラーといわれるように、慢性的に血圧が高くなっているにもかかわらず症状が現れにくいため、気がつかないうちに病状が進行していることがあります。血圧の高い状態が続き、血管の壁がダメージを受けると、動脈硬化を招き、さらには、脳卒中(脳梗塞、脳出血)、心臓病(狭心症、心筋梗塞 など)、腎不全など重病となる合併症を発症するリスクも高くなります。

高血圧の原因は主に2つあります

本態性高血圧
これは原因が特定できない高血圧です。しかし最近では、遺伝的要素や肥満、慢性的な運動不足、塩分の過剰摂取、喫煙・多量の飲酒などの生活習慣が組み合わさるなどして発症するのではないかと考えられています。
二次性高血圧
他の病気(甲状腺疾患、腎疾患、副腎疾患、睡眠時無呼吸症候群 など)や薬の影響などによって起きる高血圧です。なお、日本人の高血圧患者様のおよそ9割以上が本態性高血圧です。