アレルギーとは

アレルギー

私たちの体には、体外から侵入してくる細菌やウイルスなどの病原体から身を守る「免疫」という自己防衛機能がそなわっています。この免疫の働きが異常を起こし、体に害を与えないとされる花粉や食物などに過剰に反応し、様々な症状が身体に現れてしまう状態がアレルギーです。

当クリニックでは、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、じんましん などのアレルギー性疾患について、診察・検査・治療を行っています。

鼻水やくしゃみがいつまで経っても止まらない、ある特定の食物を子どもに食べさせると子どもに発疹が出ているような気がするなど、アレルギー症状が疑われる場合はご受診ください。

主なアレルギー疾患

アレルギー検査に関して

診察を受けられた患者様でアレルギー症状が確認された、あるいはアレルギー疾患が疑われるという場合、アレルゲン(アレルギーの原因となる物質)を特定するためのアレルギー検査を行っています。
当クリニックでは以下の検査を実施しています。

血液検査

血液を採血し、特定の物質(アレルゲン)に対するIgE抗体*(特異的IgE抗体)の量を数値化することで判定していく検査です。

*IgE抗体:免疫グロブリン(免疫に関係するたんぱく質)の一種で、アレルギーのない場合は、ほんのわずかの量しか検出されません。しかし、抗原(アレルゲン)が体の中に入ると、異物として排除しようとする免疫機能が働き、この「IgE抗体」が作られ「感作」が成立します。